〒366-0002 埼玉県深谷市下手計525番地  TEL  048(587)2150  FAX  048(587)2153  
 

交通安全及び健康関連

交通安全第一で過ごしましょう!
 
   ★自転車も乗れば車です。
 
 ★薬物乱用はダメ。ゼッタイ。.pdf

 
 
 
 
〇気象に関するデータはここから↓
  気象庁
  熊谷地方気象台トップへ
 
 

深谷いーネット・全国学力テストA・B問題に挑戦


★深谷市小・中学校児童生徒
 「インターネット使用のルール」


 
 
 


★令和元年度
 ・ 深谷市立豊里中学校部活動に係る活動方針.pdf
 ・ R1 学力向上プラン.pdf
 ・ R1 【全国学調】調査結果..pdf
 ・ R1 【県学調】調査結果.pdf

     
 ★サイトへのアセス手順の説明は↓です。
 緊急連絡サイトへのアクセス手順.pdf   

               
このQRコードを読み取って、緊急連絡ページに入る
こともできます。
 

豊里中学校の外観

豊里中ホームページへようこそ

2011.8.31~2800107access
オンラインユーザー6人

今月のことば

 
 
 

学校の概要


学区の概要

昭和29年11月3日、八基村と新会村が合併して新たに豊里村を設置し、翌30年1月1日、豊里村と中瀬村が合併して豊里村を設置。昭和48年4月1日、深谷市に合併した。
校区は深谷市の北端に位置し、利根川を隔てて群馬県に接しており、13,84平方キロの面積をもつ近代的なモデル農村地帯である。元来、この地域は利根川の氾濫原であり、日本有数の肥沃な土地で、飯玉(いいだま)耕地といわれる豊かな土地を擁している。
かつては利根川の往来の宿場町として栄え、江戸時代から文化や産業が急速に発達した所でもある。明治時代には、桃井可堂、尾高藍香、渋沢栄一など日本を指導した優れた人物を輩出している。
地域産業は農業が主体である。明治時代には藍玉、大正時代には養蚕の本場であったが、現在は肥沃な土地で効率の良い野菜作りが中心となり、東京市場はもとより、北陸、北海道方面にまで出荷されている。特に、近代的な施設園芸栽培は近隣に先駆けて行われ、経済的にも豊かで、四季を通じて緑の絶えることのない「豊かな里」そのものである。

通学区域
新戒、高島、成塚、血洗島、南阿賀野、北阿賀野、横瀬、町田、上手計、下手計、大塚、中瀬

学校の位置  

北緯 36°13’50”
東経 139°16’36”
海抜 35m


学級数・生徒数(令和元年10月)

令和元年度学級
1学年1組131427

2組131427

小計262854
2学年1組1928
2組191130

小計
382058
3学年
1組111829

2組121830

4組

5組
全校合計9285
177

8学級



太陽光発電システム

◎地球環境にやさしい太陽光発電システムが導入されています。