〒366-0002
 埼玉県深谷市下手計525番地
  TEL  048(587)2150
  FAX  048(587)2153
         
 

交通安全及び健康関連

交通安全第一で過ごしましょう!
 
   ★自転車も乗れば車です。
 
 ★薬物乱用はダメ。ゼッタイ。.pdf

 
 
 
 
〇気象に関するデータはここから↓
  気象庁
  熊谷地方気象台トップへ
 
 

深谷いーネット・全国学力テストA・B問題に挑戦


★深谷市小・中学校児童生徒
 「インターネット使用のルール」


 
 
 


    
 ★サイトへのアセス手順の説明は↓です。
 緊急連絡サイトへのアクセス手順.pdf   

              
このQRコードを読み取って、緊急連絡ページに入る
こともできます。
 

豊里中学校の外観

豊里中ホームページへようこそ

2011.8.31~2099530access
オンラインユーザー10人

今月のことば

 
 
 

学校長あいさつ


本校のホームページにアクセスしていただきありがとうございます。

 本校は、深谷市の北端に位置し、利根川を隔てて群馬県に接して、1384㎢の面積を持つ近代的な農村地帯です。元来、この地域は利根川の氾濫原であり、日本有数の肥沃な土地で、飯玉(いいだま)耕地といわれる豊かな土地を擁しています。かっては、利根川の往来の宿場町として栄え、江戸時代から文化や産業が急速に発達した場所です。明治時代には、桃井可堂、尾高藍香、渋沢栄一など日本を指導した優れた人物を輩出しています。
さて、本校の歴史を辿ると、昭和37(1962)年4月の町村合併に伴い、豊里村立豊里北中学校と豊里村立豊里東中学校が統合されて豊里村立豊里中学校が発足しました。さらに、昭和39(1964)年の4月には、豊里村立豊里中学校と豊里村立豊里西中学校を統合し、豊里村立豊里中学校と称されていました。その後、昭和48年4月1日に深谷市と豊里村が合併し、深谷市立豊里中学校と改称されました。
平成3年度に、管理棟、特別棟、給食室の竣工落成を祝い、続いて平成11年度に、体育館及び武道場(重層体育館)の完成記念式典が挙行されました。さらに、平成15年度には新校舎の落成記念を祝いました。大変モダンな校舎であり、生徒・教職員・保護者・地域の誇りでもあります。

 
 
 
そして、平成25(2013)年、創立50周年の節目の年を過ぎ、新たな発展を遂げるべきステージへの歩みが始まっています。
 これからも、子どもたちに地域への愛着と誇りをもたせ、学校は、家庭・地域とのつながりを一層深め、子どもたちの自立と成長のため全力で取り組んでまいります。

 平成28年度は、「夢の実現に向けて、学び 磨き合い 感動があふれる学校」を目指す学校像としました。

 これからも、家庭(保護者)や地域の信頼に応えられるよう、さらに努力してまいります。
本年度も、どうぞよろしくお願いいたします。

 
            深谷市立豊里中学校  校長   高橋 明美